勉強で悩む子・神経発達症・不登校の塾

勉強で悩んでいる子ども・不登校・神経発達症、生徒の話、イベント、塾情報を随時更新

9月12日(月)/マラソンと宇宙の日/障害の「がい」について/赤い地球/2022年

9月12日(月)の朝です。

おはようございます!

高校の学校見学、体験が増えてきました。

中学3年生にとっては、最後の品定め?の期間です。

自分の一番合うと思われるところに行ってほしいですね。

私たちも全力で応援します!

また、中学校でもオープンキャンパスの最後の時期がやってきました。

小学6年生にとっても、とても大切な時期です。

中学受験も私たちは全力で応援しています!

もちろん、大学受験も全力で応援します!

 

ラソンと宇宙の日

今日、9月12日は「ラソンの日」です。

紀元前450年ごろ、その当時、ギリシャペルシャは戦争状態にありました。

紀元前450年9月12日、ペルシャ軍がギリシャを攻めようと

大軍をマラトンというギリシャ東部の港町に上陸しようとします。

迎え撃ったギリシャ軍は奇襲(諸説あり)をしかけて、

倍の兵力のペルシャ軍に勝ちました。

その時に、フェイディピデスという一人の兵士が、

マラトンからアテネまで勝利を伝えようと

走って勝利を告げたまま絶命したというお話が

ラソンの起源となっています。

マラトンからアテネまで本当の距離は少し短いそうですが、

42.195kmと定められ、今のマラソンの距離になったそうです。

しかし、真っ裸で走っていたのですね…

また、9月12日は「宇宙の日」でもあります。

毛利衛(もうりまもる)さんが日本人として初めて、

アメリカのスペースシャトルエンデバー」で

宇宙に飛び立ったのが9月12日です。

その日にちなんで「宇宙の日」になりました。

毎年、記念行事が行われています。

 

マヤ暦的

今日は「赤い地球」の日です。

KINナンバー117です。

今日で起承転結の転の起にあたる、赤い蛇の13日間が終わります。

赤い地球」の日のキーワードは「シンクロニシティ・心の連帯」です。

お互いの調和を大切にしながら進んでいくと良いそうです。

また、赤口、母倉日、天恩日です。

 

発達障がいの話vol.21

今日は私もずっと気になっている「障がい」の「がい」についてお話します。

あるところに文章が出ていましたので、

私の見解も含めてお話します。

そもそも、私は「障がい」と「害」という字は使いません。

これが、パソコンでうつと、とても厄介です。

いちいち、ひらがなに直しています。

私の読んだ文章では、漢字表記とひらがな表記が争っていると書かれてあります。

私は争う気持ちは全くありません。

むしろ、争う意味が私にはわかりません。

歴史的に見て、「障碍」の字から始まっていることは知っています。

仏教用語でもともとは「しょうげ」と呼んだのが始まりです。

それが、文明開化ののちに、「しょうがい」と読むようになり、

大正時代になってから「障害」という字が生まれています。

どれでも良いとも思っていません。

漢字でも、ひらがなでも、どちらでも○だと思っています。

私は「害」という字に違和感がずっとあるので使っていません。

「害」という漢字のイメージが良くないからです。

むしろ、違う言葉はないか探しているくらいです。

で、こんなことを書くと、違う意見が出てきます。

だから、争いたくありませんので、そのままそっと…

仲良くしましょう。

 

PVアクセスランキング にほんブログ村